By entering you accept the use of cookies to enhance your user experience and collect information on the use of the website. To find out more

Your message has been sent.

We thank you for your contact and will reply to your request as soon as possible.

Chloélys Restaurant

一覧へ戻る

インフォメーション

Chloélys Restaurant

16 Abba Hillel Road

52506, Tel-Aviv

Israel

http://www.chloelys.com

Eyal Ziv


Eyal Ziv
Owner & Head Sommelier

ユニークなこの場所について、特別なストーリーを教えていただけますか?

このレストランは、ビジネスリーダーたちが利用する店として知られているばかりでなく、世界中のセレブリティや著名な政治家が集う場所としても有名です。

入口が地下にあり、また特別なプライベートルームをご用意しているため、密談の場所としてよく使われますが、会談の内容が外に漏れることはありません。

このレストランは、『ザ・ワールド・オブ・ファイン・ワイン』誌の2014年「アフリカ・中東のベストワインリスト」で発表され、また『ワインスペクテーター』誌で推薦されたスペシャルワインリストでもよく知られています。専用のセラーには、特別なマグナムデキャンタにボトリングされた「ルイ13世」をはじめとする最高級のコニャックの隣に、ロマネ・コンティや非常に古いビンテージものの第1級ボルドーなど、希少で高価なワインが保管されています。

この場所を曲で表現するとしたら?

シルク・ドゥ・ソレイユの「アレグリア」です。快活でありながらエレガントで心に訴えかけてくる曲です。

ワインやスピリッツに強い関心を抱くようになったきっかけは ?

最初の体験は非常に驚くべきものでした。自宅でデリバリーのぺパロニピザを頼み、プレゼントにいただいた「オーパスワン1994」のボトルを開けました。

「普通のピザ」とこのワインの組み合わせが非常に面白く、それ以来心を奪われてしまいました。

ルイ13世とは、いつ、どのように出会ったのですか?

この職についてしばらくしてから、私は絶対に試すべき食べ物や飲み物を決めました。日記にその憧れのもののリストを書いており、そのなかにはベルーガキャビア、ロブスターのホワイトアルバトリュフ添え、1947シュヴァルブラン、そしてもちろんルイ13世も含まれていました。

初めてルイ13世を飲んだ時のことは忘れられません。雪の降る日に、現在の妻である女性とスイスに滞在していました。素晴らしいディナーを楽しみ、暖炉の炎を眺めながらルイ13世を味わいました。

度もルイ13世を飲んだことのない人に、それをどう表現しますか?

ルイ13世は、単にその味わいだけでなく、伝統、ロマンス、エレガンスといったもののコンビネーションが完璧で、味わったことのない美味しさを持っています。

「目を閉じて味わうと、別の世界に連れていかれるような感覚をどうぞ楽しんでください」とお勧めしたいですね。

人生におけるあなたの最大の夢は?

今やっていることを続けていくだけです。

Eyal Ziv

ヒルトンテルアビブ「Chloélys」レストランオーナー兼ヘッドソムリエ(コーシャー)。

軍隊での7年間の経験の後、フランスの料理専門校「エコール・ルノートル」のグラン・ディプロムプログラムを修了。

数年間シェフを勤め、現在は顧客へのサービスに専念するための業務に転向。