store locator

「ルイ13世」のサイトを正しく表示するにはCookieを有効にする必要があります。
Cookiesの詳しい説明についてはこちらをご覧ください。

同意に基づき、以下の目的でCookieが使用されます。

  • Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。



Cookieの設定を選択してサイトにアクセスする。
デバイスで有効にするCookieを選択することができます。

Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。
無効にする 有効にする

Cookie の詳しい説明についてはこちらをご覧ください。

Your message has been sent.

We thank you for your contact and will reply to your request as soon as possible.

ルイ13世 ブラックパール AHD

2019年2月

100年前に生まれたアンドレ・エリアール=デュブルイユ元会長に敬意を表して創られたリミテッド・エディション

「私がこのティエルソン樽を選んだのは、セラーの雰囲気を顕著に表現しているからです。つまりそこにはアンドレ・エリアール=デュブルイユ氏のビジョン、ワイン生産者との先駆的なパートナーシップ、そして歴史の足跡があります」

ルイ13世セラーマスター、バティスト・ロワゾー

 ルイ13世は、洗練された350ml入りクリスタル・デキャンタを初めて発売します。バカラ社が特別に手掛けた、メタリックな輝きを帯びたハーフサイズのデキャンタには、「アンドレ・エリアール=デュブルイユ」セラーの奥深く、ほかの場所よりも寒く、暗く、湿ったファミリーリザーブ用の場所に眠っていた、唯一のティエルソン樽から引き出されたものです。

メゾン・バカラは、虹色に輝くパラジウムメッキを装飾した、繊細で複雑な美しさを持つハンドメイドデキャンタを創作しました。限りなく反射する光がデキャンタの表面で躍動し、シルバー、ブラック、ブルーグレイの輝きに変化します。

わずか1498本限定のこのデキャンタは、100年前に生まれたアンドレ・エリアール=デュブルイユ元会長へのオマージュです。希少なこのブレンドは、彼の名を冠するセラーのシグネチャーです。ある時、セラーの奥深く、白亜の前に向かって置かれた、576リットル入りのティエルソン樽が、セラーマスター バティスト・ロワゾーの目を引いたのでした。

そのセラーにひとたび足を踏み入れれば、ひんやりとした冷気と同時に、森林のしっとりとした空気、どこか心を和ませるぬくもりを感じます。こうした特殊な条件が、新鮮でフローラル、そして力強い大地の香りという独特の特徴をルイ13世に与えているのです。乾燥したバラ、はちみつ、ミルラ、シガーボックス、プラム、スイカズラ、レザー、いちじく、パッションフルーツの驚くべきアロマが、徐々に湿った石灰石と森林の下草の香りに変わり、後には気品あるアロマだけが残ります。

これは特別なルイ13世、歴史の足跡を示す希少なデキャンタです。