store locator

「ルイ13世」のサイトを正しく表示するにはCookieを有効にする必要があります。
Cookiesの詳しい説明についてはこちらをご覧ください。

同意に基づき、以下の目的でCookieが使用されます。

  • Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。



Cookieの設定を選択してサイトにアクセスする。
デバイスで有効にするCookieを選択することができます。

Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。
無効にする 有効にする

Cookie の詳しい説明についてはこちらをご覧ください。

Your message has been sent.

We thank you for your contact and will reply to your request as soon as possible.

ルイ13世デキャンタ

2019年4月

ルイ13世デキャンタを解読する

ルイ13世デキャンタのデザインはそれ自体が伝説です。1850年、ポール=エミール・レミー・マルタンは、1569年のジャルナックの戦いの跡地で発見されたメタルのフラスコ瓶を手に入れます。彼はこの驚くべき古い遺品の形にインスピレーションを受け、自宅にある古く貴重な蒸留酒を入れるための新しいデキャンタを作りました。これが1874年にルイ13世を生み出す発想となりました。

今日では、最も権威のあるフレンチクリスタルメーカーの巨匠の手によってピュアクリスタルで作られるルイ13世の象徴的なデキャンタは、世界的に有名になりました。繊細なレース細工によるアクセント、フランス王家の象徴である金色と百合の花冠を施したエレガントなネック。この見事な芸術作品の一本一本を作るためには、ふいごを吹く人、カットする人、装飾をする人など9人の熟練した職人が必要です。

世界中のコレクターが憧れる贅沢とフランス流処世術のシンボルであるルイ13世デキャンタは、オリジナルボトルから一本一本を贅沢に複製したもので、2つと同じ物はありません。絶妙なミニチュアから壮大なジェロボアム、記念碑的なマチュザレムに至るまで、さらには貴重な虹色のブラックパールから、目を見張る「タイム」コレクションの新版まで、一本一本は永遠を大切にする貴重な傑作です。