store locator

「ルイ13世」のサイトを正しく表示するにはCookieを有効にする必要があります。
Cookiesの詳しい説明についてはこちらをご覧ください。

同意に基づき、以下の目的でCookieが使用されます。

  • Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。



Cookieの設定を選択してサイトにアクセスする。
デバイスで有効にするCookieを選択することができます。

Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。
無効にする 有効にする

Cookie の詳しい説明についてはこちらをご覧ください。

Your message has been sent.

We thank you for your contact and will reply to your request as soon as possible.

シンガポール「100周年記念」ガラディナー

2018年7月

シンガポール「100周年記念」ガラディナー

2018年7月5日、ルイ13世はシンガポールで地域の著名なゲスト180名を招待し、「100 Years – The Song We’ll Hear only #Ifwecare」を祝う特別なガラディナーを開催しました。ガラディナーはガーデンズ・バイ・ザ・ベイのフラワーフィールドホールで開催され、ルイ13世のプロジェクトをサポートする影響力を持つゲストたちが、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、カンボジア、タイ、フィリピンから集まりました。

ラグジュアリーな夜はルイ13世のプライベート・クライアント・ダイレクター、Chris Kwekとアジア・グローバル・トラベル・リテールのバイスプレジデント、Davide Ennesの歓迎のスピーチから始まりました。煌くようなこのイベントの司会はルイ13世のグローバル・エグゼクティブ・ダイレクターであり、ファレル・ウィリアムスが手掛け、2117年にリリースされる「100 Years – The Song We’ll Hear Only #Ifwecare」を最先端の金庫に収めた、Ludovic du Plessisが務めました。

荘厳な金庫を前に、ゲストはシャングリ・ラ・ホテル・シンガポールの素晴らしいディナーを楽しみました。イベントはメゾンの真髄ともいえるテロワールと時を称え、コニャックの王であるルイ13世の乾杯で終了しました。