store locator

「ルイ13世」のサイトを正しく表示するにはCookieを有効にする必要があります。
Cookiesの詳しい説明についてはこちらをご覧ください。

同意に基づき、以下の目的でCookieが使用されます。

  • Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。



Cookieの設定を選択してサイトにアクセスする。
デバイスで有効にするCookieを選択することができます。

Cookieはトラッキングの目的に使用いたします。
無効にする 有効にする

Cookie の詳しい説明についてはこちらをご覧ください。

Your message has been sent.

We thank you for your contact and will reply to your request as soon as possible.

ルイ13世ディナー・イン・ロンドン

2018年11月

「ルイ13世」はロンドンで100年のプライベートディナーを開催します。

コニャック「ルイ13世」は、北京、トロント、ニューヨークに続いて、ファレル・ウィリアムズが作曲し、2117年にリリースされる「100 years: You will hear only #ifwecare」を各国で紹介していきます。 

関係者だけを集めた夕食会が、9月26日水曜日、ロンドンの建築宝石の一つ「ツー・テンプル・プレイス」で行われました。ツー・テンプル・プレイスはヴィクトリア・エンバンクメントにウィリアム・ウォルドーフ・アスターによって建てられたヴィクトリアン朝の大邸宅です。 

ルイ13世の「100年」イベントには30人のゲストが出席しました。招待客リストは、映画・音楽・スポーツ業界の関係者を含むルイ13世愛好家で構成されています。

「100年」キャンペーンを中心に催されたこのイベントでは、ゲストらは地球温暖化防止のための国際行動宣言〈#ifwecare〉への参加を誓いました。

招待客は企画展を見学しましたが、その中にはファレル・ウィリアムスの曲の唯一のコピーが収められたショーケースも含まれています。このショーケースは2017年11月までの100年間、けっして開けられることはありません。ロンドンでの特注の金庫と企画展のお披露目はこの週で最後となり、次のワールドツアーが続きます。